職場にカフェがある

コーヒー

わざわざ外へ出ずとも職場内で、カフェの商品と遜色ないクオリティの品質を誇っているのがオフィスコーヒーの存在価値になります。職場の片隅に専用の機器を設置すれば、そこは企業内カフェコーナーが誕生することになるのです。

詳しく見る

便利なオプションサービス

自動販売機

自販機設置は特に専門知識がなくても大丈夫です。しっかりニーズを示せれば担当者が最適な方法で案内してくれます。設置費用は無料で総合的な管理もメーカー側が担当してくれるので特別な負担を強いられることもありません。

詳しく見る

代表的な導入プラン

自販機

空きスペースを活用して副収入を確保したいときに便利なのは、自販機ベンダー業者が提案する、様々な設置プランです。従業員の福利厚生を目的に設置する場合には、価格を抑えて販売することも可能であり、メンテナンスもセットになった導入プランも好評です。

詳しく見る

快適な職場の実現

コーヒー

比較サイトを訪問して、料金や風味の良さなどで業者を選ぶのが、新規にオフィスコーヒーを利用する場合の基本です。試飲サービスを活用すると、契約前にコーヒーの味を確認することも可能であり、セルフカフェのハイグレードなプランも魅力的です。

詳しく見る

興味があるがお金がない

自動販売機

自宅や事務所の余剰スペースに自販機を設置するのに、資本金や加盟金は必要ないのです。今自動販売機設置サービスを利用すると、初期費用が無料で導入できるようになっています。毎月の電気代だけで、自販機は24時間働いてくれるので便利です。

詳しく見る

飲料水が必要な時に

自販機

自動販売機の導入

仕事中や休憩時間などによく必要になる飲み物類ですが、そういった会社員の需要に応えるために自販機が設置されています。この自販機に助けられている会社員の方も多いと思いますが、自販機が無くて困っている会社員の方も同様に多いです。そういった悩みを抱えている方は、正式に自販機の設置を検討すると良いです。基本的に自販機を設置しようと考えるなら、専門の業者への依頼が必要です。まずははじめに電話やメールをつかって業者へ申し込みをします。申し込みが終われば、後日業者側から連絡が入り、訪問日の確認をとります。次に業者の方が実際に下見を兼ねて訪問されます。その際に設置したい飲料のメーカーや自販機のサイズ、設置する数などを大まかに伝えます。また正式なお申し込みの際には印鑑や販売手数料の口座、設置先の住所や電話番号を事前に用意しておく必要があります。続いて打ち合わせが行われ、実際に契約書の締結をします。ここまでを終えたら、後日、電気工事業者が下見に訪れます。その際には機材の搬入経路などの確認が行われるので、こちらも事前の用意が必要です。この申し込みから一週間から二週間後に、実際に搬入設置が行われます。これらが自販機の導入の一連の流れです。現在ではこの自販機も様々な種類があり、大幅に電気代を削減できるものや、従来のタイプ、ハイブリッド型のものなどがあります。これらも導入する会社の方針などによって変わってくるので、確認が必要です。